現役釣り師が教える船釣り用のクーラーボックスの選び方&オススメのクーラーボックスを紹介!

船釣に乗船するもちものとして魚を入れるためのクーラーボックスが必要になると思います。
今回は船釣りに適したクーラーボックスの選び方を紹介したいと思います。

船釣りは意外と荷物が多い…

船に乗り込む時の持ち物はできるだけコンパクトにしたいところですが、どうしても荷物が多くなりがちです。
ロッド一式・タックルボックス・クーラーボックスとどうしても両手がふさがってしまう状況になりやすいです。

選ぶポイントとしてはなるべく軽量であることと肩から掛けるショルダーベルトが付いていたりキャリアが付いているタイプのものが扱いやすいと思います。

クーラーボックスサイズの選び方

クーラーボックス

サイズを選ぶ際にどのような魚を狙うかよく考える必要があります。
青物を狙うとそれなりの大きさのクーラーボックスが必要になりますが太刀魚・真鯛・中型青物・イカ・ロックフィッシュ狙いであればそれほど大きなものを用意する必要はありません。

重量やサイズ感からすると20ℓ~30ℓのサイズが扱いやすいサイズ感です。

これくらいの大きさであればペットボトル氷2~3本+飲料用のペットボトル2~3本とパンくらいを入れておきながら船に乗り込めば帰るときにはペットボトル氷+魚を入れて余裕だと思います。

クーラーボックスの素材選びについて

クーラーボックスはホームセンターでも安価で購入することが出来ますが釣具店で販売されているシマノ・ダイワなどのクーラーボックスは非常に高価なものも存在します。

違いは断熱材と呼ばれる冷気を逃げにくくする素材に違いがあります。

一番安価な素材は発砲スチロールです、次に発砲ウレタン素材となり一番高価な素材は真空パネルになります。

クーラーボックスは6面あり、真空パネルの主流は6面真空パネルか1面真空パネル(5面発砲ウレタン)がほとんどになります。

現実問題、日帰りの釣りであれば、発砲スチロール素材で全然対応できますが、2日ほどの釣行になると発砲ウレタン・真空パネルの検討が必要した方が安心感があります。

船釣りにおすすめのクーラーボックス

ホリデーランドクーラー33H 

とにかく安いクーラーボックスを求めるならホリデーランド、容量も申し分ないため初めてのクーラーボックスとしておすすめ!

内寸:約幅45.5×奥行22×高さ27cm
外寸:約幅57.4×奥行31.5×高さ36.9cm
重量:約4kg

シマノ フリーガライト26L

重量3,3kgはクラス最軽量、近海の船釣りではこれで十分!入門用のクーラーボックスとしておすすめ!

ダイワ ライトトランクα

24リットルと32リットルの2サイズに、断熱材の種類による4モデルで販売。24リットルは約4kg~、36リットルは約4,6kg~と非常に軽く、クーラーボックスの上に座ることも可能。

内寸:24ℓ/22×46.5×22.5 32ℓ/22×56.5×24.5
外寸:24ℓ/31.5×69×34 32ℓ/31.5×60.5×30.5
重量:24ℓ/4kg~5.3kg 32ℓ/4.6kg~6.1kg ※断熱材による

シマノ スペーザライト 250

全長50センチの魚を折り曲げることなく入れることが出来る大容量モデル。水栓が付いており上蓋も取り外しが可能なためメンテンナンス性が◎

持ち運びに便利なキャスター付きモデルがオススメです!

プロバイザーHD 27ℓ

座っても大丈夫なマッスルボディを搭載、水栓も付いており上蓋も取り外しが安易に行えるのでこちらもメンテナンス性が◎

クーラーボックスを手に入れて釣りを楽しもう!

クーラーボックスには釣った魚以外にも食料品や飲料を入れることが出来ますので釣り人には必須アイテムです!

高くて良いクーラーボックスには断熱材に真空パネルが使用されていて保冷力も抜群に良いですが、日帰りの釣りには発砲スチロール素材や発泡ウレタン素材のクーラーボックスでも十分に保冷力を確保することが出来ます。

魚のサイズに合わせて複数のクーラーボックスを用意するのも良いですが20リットル~30リットルの間でのサイズが汎用性が高く使いまわしがしやすいと思います。

是非自分に合ったクーラーボックスを見つけてください!

カテゴリー:
関連記事